0
¥0

現在カート内に商品はございません。

  1. TOPページ
  2. 商品詳細ページ
海洋開発利用基礎講座         海洋工学編

海洋開発利用基礎講座 海洋工学編

海洋開発利用基礎講座 海洋工学編

  • 海洋開発工学基礎講座
  • 集合研修
  • 東京開催
  • 海洋工学初級者向け
¥44,000 税込
数量
カートに追加しました。
お買い物を続ける カートへ進む
受講対象者:海洋工学初級者(経験は不問です)

講義日:2024年6月17日(月)-21日(金)
講義時間:9:30-12:40(5日間共通)

申込期間:5月7日(火)-5月27日(月)

受講料入金期日:2024年5月29日(水)

(請求書・領収書は、マイページ > 注文管理画面から発行可能です。)
受講者登録締切日:2024年5月31日(金)
定員:20名(申込先着順で定員になり次第締め切らせていただきます)

会場:一般財団法人 日本海事協会 管理センター別館 大会議室(東京都千代田区紀尾井町3-3)
最寄駅からのアクセス:
地下鉄有楽町線「麹町駅」出口 2 より徒歩 7 分
地下鉄半蔵門線「永田町駅」出口 7 より徒歩 10 分
地下鉄銀座線「赤坂見附駅」出口 D(紀尾井町口)より徒歩 10 分
JR「四ツ谷駅」麹町口より徒歩 10 分

持参物:受講票、筆記用具、インターネットに接続可能なデバイス(講義資料の閲覧のためご持参を推奨いたします。会場は無線LANが使用可能です。)

講師:東京大学 名誉教授 尾崎 雅彦 先生

主な講義項目:
・海洋構造物の形式・設計の流れ
・設計に影響を及ぼす各種要因
・外力推定,運動・構造解析
・位置保持技術(DPS・係留)

本講座は2020年6月まで東京大学大学院新領域創成科学研究科海洋技術環境学専攻にて運営されていた「海洋開発利用システム実現学寄付講座 基礎講座」の後継講座となります。

同日程の午後時間帯に開催するサブシー工学編も同時にお申込みいただけます。
ご希望の場合はサブシー工学編の商品ページより別途お申込みください。
本コースでは、海洋資源開発や海洋空間利用に使用される構造物の設計に 必要な海洋工学の基礎知識の体系的な講義を行います。想定する海洋構造物・ 機器は、FPSO・FLNGのような大型浮体、海底掘削リグや洋上風車のような 中型浮体または着底式構造物、係留・DPSのような位置保持システム、 ライザー・チェーン・ケーブルのような水中線状構造です。

【お申込みにあたっての留意事項】
1. 当日、発熱等の症状がある方は受講をお控えくださいますようお願いいたします。
なお、新型コロナウイルス感染症の感染症法上の位置付けの変更に伴い、新型インフル特措法に基づく基本的対処方針および業種別ガイドラインが廃止となったことを受けまして、弊会アカデミーにおいても、会場におけるマスクの着用、検温、手指の消毒等のお願いを控えさせていただくことといたしました。講義中を除き、会場内での飲食および会話についても自由とさせていただきます。

2. 講義資料
講義の1週間程前になりましたら、メールにてダウンロード方法のご案内をさせていただきます。ご案内メールの配信後、こちらのウェブサイトのマイページから講義資料にアクセスいただけるようになります。なお、当日は会場のスクリーンに講義資料を映しながら講義を行いますが、印刷した資料の配布は行いません。必要な方はご自身で印刷されたものをご持参いただくか、PCをご持参いただき、電子ファイルの資料を閲覧しながらご受講いただけますようお願いいたします。

3. キャンセル規定
・受講料入金期日までにご入金も事前連絡もない場合は、自動的にキャンセル扱いといたします。
・申込日から7日以内にキャンセルをご希望の場合は、全額返金いたします。
・申込日から8日以降にキャンセルをご希望の場合は、全額キャンセル料として取り扱い返金はいたしません。また、未入金の場合は、受講料全額をキャンセル料として申し受けますので、ご了承願います。

上記について予めご了承の上、お申し込みいただけますようお願いいたします。
ページトップへ