0
¥0

現在カート内に商品はございません。

  1. TOPページ

海運・造船業界に
必要とされる
基本的知識を
すべての人に__

海運・造船業界に
必要とされる
基本的知識を
すべての人に__

◀◀◀ NKアカデミーが おすすめする 海事カリキュラム ▶▶▶
  • オンライン研修
  • 集合研修
【条約基礎パッケージ】SOLAS条約 (SE 安全設備、SR 安全無線) 条約基礎パッケージ 1日間コース 初級者向け 中級者向け 受講対象者:経験:0-2 年程度の 海事関連業界従事者(前提知識習得のた
         め、【船級検査基礎パッケージ】船級協会及び国際条約コースの事
         前受講を推奨いたします。)
講義時間:1日間
講義日時:2022年9月13日(火)09:55-16:30
申込期間:2022年8月1日(月) -8月22日(月)
受講料振込期日:2022年8月24日(水)
(請求書・領収書は、マイページ > 各種管理 画面から発行可能です。)
受講者登録締切日:2022年8月26日(金)
定員:10名(申込先着順で定員になり次第締め切らせていただきます。)
会場:一般財団法人 日本海事協会 管理センター別館 1階 大会議室(東京都千代田区紀尾井町3-3)

主な講義項目:
・消防設備についての要件
・救命設備についての要件
・航海設備についての要件
・衝突予防設備についての要件
・無線設備についての要件

講座の概要は、商品詳細ページをご確認ください。
数量
【条約基礎パッケージ】MARPOL条約、IBCコード、IGCコード 条約基礎パッケージ 1日間コース 初級者向け 中級者向け 受講対象者:経験:0-2 年程度の 海事関連業界従事者(前提知識習得のた
         め、【船級検査基礎パッケージ】船級協会及び国際条約コースの事
         前受講を推奨いたします。)
講義時間:1日間
講義日時:2022年9月14日(水)09:55-16:30
申込期間:2022年8月1日(月) -8月22日(月)
受講料振込期日:2022年8月24日(水)
(請求書・領収書は、マイページ > 各種管理 画面から発行可能です。)
受講者登録締切日:2022年8月26日(金)
定員:10名(申込先着順で定員になり次第締め切らせていただきます。)
会場:一般財団法人 日本海事協会 管理センター別館 1階 大会議室(東京都千代田区紀尾井町3-3)

主な講義項目:
• 油による汚染の防止のための要件
• 有害液体物質による汚染の規制のための要件
• 危険化学品ばら積船及び液化ガスばら積船についての要件
• 容器収納有害物質による汚染の防止のための要件
• 船舶からの汚水による汚染の防止のための要件
• 船舶からの廃物による汚染の防止のための要件
• 船舶による大気汚染の防止のための要件
• 船舶のエネルギー効率に関する要件

講座の概要は、商品詳細ページをご確認ください。
数量
【条約基礎パッケージ】SOLAS条約 (SC 安全構造)、満載喫水線条約、トン数条約 条約基礎パッケージ 1日間コース 初級者向け 中級者向け 受講対象者:経験:0-2 年程度の 海事関連業界従事者(前提知識習得のた
         め、【船級検査基礎パッケージ】船級協会及び国際条約コースの事
         前受講を推奨いたします。)
講義時間:1日間
講義日時:2022年9月15日(木)09:55-16:30
申込期間:2022年8月1日(月) -8月22日(月)
受講料振込期日:2022年8月24日(水)
(請求書・領収書は、マイページ > 各種管理 画面から発行可能です。)
受講者登録締切日:2022年8月26日(金)
定員:10名(申込先着順で定員になり次第締め切らせていただきます。)
会場:一般財団法人 日本海事協会 管理センター別館 1階 大会議室(東京都千代田区紀尾井町3-3)

主な講義項目:
• SOLAS 条約(安全構造 “SC: Safety Construction” )の概要
• 満載喫水線条約の概要
• トン数条約の概要

講座の概要は、商品詳細ページをご確認ください。
数量
【条約基礎パッケージ】ISMコード、ISPSコード、海上労働条約 条約基礎パッケージ 1日間コース 初級者向け 中級者向け 本コースは既に定員に達しましたため、現在はキャンセル待ちのみ受け付けしております。キャンセルが発生した場合のみ、キャンセル待ちにご登録いただいた方へご連絡させていただきますが、キャンセル枠へのお申込みは先着順となっておりますので、あらかじめご了承ください。

受講対象者:経験:0-2 年程度の 海事関連業界従事者(前提知識習得のた
         め、【船級検査基礎パッケージ】船級協会及び国際条約コースの事
         前受講を推奨いたします。)
講義時間:1日間
講義日時:2022年9月16日(金)09:55-16:30
申込期間:2022年8月1日(月) -8月22日(月)
受講料振込期日:2022年8月24日(水)
(請求書・領収書は、マイページ > 各種管理 画面から発行可能です。)
受講者登録締切日:2022年8月26日(金)
定員:10名(申込先着順で定員になり次第締め切らせていただきます。)
会場:一般財団法人 日本海事協会 管理センター別館 1階 大会議室(東京都千代田区紀尾井町3-3)

主な講義項目:
• ISM コード導入の背景、 コードの特徴
• ISPS コード導入の背景、 コードの特徴
• MLC 条約導入の背景、 条約の特徴

講座の概要は、商品詳細ページをご確認ください。
実務者編 海洋開発工学基礎講座 海洋工学編 海洋開発工学基礎講座 集合研修 東京開催 海洋工学初級者向け 受講対象者:海洋工学初級者(経験は不問です)

講義日:2022年9月5日(月)-9日(金)
講義時間:9:30-12:40(5日間共通)

申込期間:7月25日(月)-8月15日(月)
受講料入金期日:2022年8月17日(水)
(請求書・領収書は、マイページ > 各種管理 画面から発行可能です。)
受講者登録締切日:2022年8月19日(金)

定員:10名(申込先着順で定員になり次第締め切らせていただきます)
会場:一般財団法人 日本海事協会 管理センター別館 大会議室(東京都千代田区紀尾井町3-3)
持参物:受講票、筆記用具、関数電卓(スマートフォン、タブレット、ノートPCの関数電卓アプリの使用も可)

講師:東京大学 名誉教授 尾崎 雅彦 先生

主な講義項目:
・海洋構造物の型式・設計の流れ
・設計に影響を及ぼす各種要因
・運動・構造解析
・各種演習

本講座は2020年6月まで東京大学大学院新領域創成科学研究科海洋技術環境学専攻にて運営されていた「海洋開発利用システム実現学寄付講座 基礎講座」の後継講座となります。

同日の午後に開催するサブシー工学編も同時にお申込みいただけます。
ご希望の場合はサブシー工学編の商品ページより別途お申込みください。

講座の概要は、商品詳細ページをご確認ください。
数量
実務者編 海洋開発工学基礎講座 サブシー工学編 海洋開発工学基礎講座 集合研修 東京開催 海洋工学初級者向け 受講対象者:海洋工学初級者(経験は不問です)

講義日:2022年9月5日(月)-9日(金)
講義時間:13:30-16:40(5日間共通)

申込期間:7月25日(月)-8月15日(水)
受講料入金期日:2022年8月17日(水)
(請求書・領収書は、マイページ > 各種管理 画面から発行可能です。)
受講者登録締切日:2022年8月19日(金)

定員:10名(申込先着順で定員になり次第締め切らせていただきます)
会場:一般財団法人 日本海事協会 管理センター別館 大会議室(東京都千代田区紀尾井町3-3)
持参物:受講票、筆記用具、ノートパソコン(講義資料の閲覧、9/6-7の演習でExcel*を使用)
*各種プログラミングソフトでも代用可

講師:東京大学 大学院新領域創成科学研究科 准教授 今野 義浩 先生

主な講義項目:
・海底資源概論
・海底資源探査について
・海底資源の生産について
・メタンハイドレートについて

本講座は2020年6月まで東京大学大学院新領域創成科学研究科海洋技術環境学専攻にて運営されていた「海洋開発利用システム実現学寄付講座 基礎講座」の後継講座となります。

同日の午前中に開催する海洋工学編も同時にお申込みいただけます。
ご希望の場合は海洋工学編の商品ページより別途お申込みください。

講座の概要は、商品詳細ページをご確認ください。
数量
はじめての海運・造船講座 2022 オンライン研修 未経験者向け 初級者向け 受講対象者:初めて海運造船業界に関わるすべての人
講義時間:約2時間
視聴可能期間:購入日~2022年12月31日
(請求書・領収書がご入用の場合は、マイページ > 各種管理 画面から発行いただけます。)

目次:
1.海事産業の基礎知識
2.海運・造船ビジネスの基礎
3.様々な貨物船
4.建造工程
5.船舶の設備1
6.船舶の設備2
7.船舶に適用される法規
8.船舶の性能

講座の概要は、商品詳細ページをご確認ください。
数量
そのつぎの海運・造船講座 復原性編 2022 オンライン研修 初級者向け 中級者向け 造船所関係者向け 受講対象者:若手造船技術者
講義時間:約1時間
視聴可能期間:購入日~2022年12月末日
(請求書・領収書がご入用の場合は、マイページ > 各種管理 画面から発行いただけます。)

目次:
1章 船舶が転覆しない仕組み
2章 船舶は損傷しても転覆しないのか?

講座の概要は、商品詳細ページをご確認ください。
数量
そのつぎの海運・造船講座 船型設計編 2022 オンライン研修 初級者向け 中級者向け 造船所関係者向け 受講対象者:若手造船技術者、船舶の性能に関する知識を必要とする方
講義時間:約1.5時間
視聴可能期間:購入日~2022年12月末日
(請求書・領収書がご入用の場合は、マイページ > 各種管理 画面から発行いただけます。)

目次:
1章 船舶の推進と効率
2章 船体抵抗と性能設計
3章 性能設計の手法とツール

講座の概要は、商品詳細ページをご確認ください。
数量
そのつぎの海運・造船講座 船体構造・強度編 2022 オンライン研修 初級者向け 中級者向け 造船所関係者向け 受講対象者:設計技術者、建造監督等の若手技術者
講義時間:約2.5時間
視聴可能期間:購入日~2022年12月31日
(請求書・領収書がご入用の場合は、マイページ > 各種管理 画面から発行いただけます。)

目次:
1章 船が壊れない仕組み
2章 船に働く力(荷重と応答)
3章 船が耐える力(強度)
4章 船が壊れないための評価
5章 船級協会の社会的責任

講座の概要は、商品詳細ページをご確認ください。
数量
カートに追加しました。
カートへ進む
ページトップへ